片思いから脱出できない!?残念LINEテク|宮崎の婚活パーティーならエクシオ

宮崎の婚活パーティー・お見合いパーティーならエクシオ

ご予約・
お問い合わせ
050- 5531- 9451

head_menu

片思いから脱出できない!?残念LINEテク

> > 片思いから脱出できない!?残念LINEテク

恋愛に発展させるLINEテクニック 片思いから脱出できない!?残念LINEテク

婚活パーティーで見事カップルに。LINEのやり取りを始めたけれども、なかなか友達以上に発展しない、片思いから両想いに発展しない・・・そう感じている方はいませんか?そんなあなたに警告!お相手に残念なLINEを送っていることが原因かもしれません。ここではありがちな残念LINEテクニックをご紹介。片思いから脱出するために、ぜひ参考にして恋を進展させましょう。

質問攻めで会話を終わらせてくれない

質問攻めで会話を終わらせてくれない婚活パーティーのような対人コミュニケーションの場において、お相手を質問攻めにすると、うんざりされてしまいます。LINEのようなツールを使用したときでも同様。お相手のことをもっと知りたいがために、いろいろと質問をしたい気持ちは分かりますが、ここはぐっと我慢。質問のやり取りは2回程度までにし、それ以上は会った時に直接聞くなどしましょう。LINEのやり取りは会話のキャッチボールと同様、お相手の答えを受けた上で会話の流れをつかみ、お互いに楽しむこともテクニックのひとつです。

束縛されてる感「今何してる?」

好きな人ができると、今どこで何をしているか、気になってしまうもの。だからといって「今何してる?」と無作法に聞くのはNGです。お相手は、束縛されて監視されているような気持ちになりますし、ただの「かまって攻撃」にも感じます。暇つぶしの相手にされたと思う方もいるでしょう。まだ両思いになっていないお相手ならなおさらですし、これでは片思いから脱出できません。と二人の間柄がもっと進展し、気心が知れた関係になってからにしましょう。

オレ通信、ワタシ通信

以前某雑誌の特集で「どうでもよすぎる異性からのメッセージ」について意見を募集したところ、一番うざったいと感じるのは「オレ通信、ワタシ通信」だったとのこと。「同期の仲間と飲み会中!」「○○で買い物してきました〜」このように、頼んでもいないのに勝手に報告してこられても、返信に困ってしまいます。最初は気を使って返信してくれたお相手でも、だんだん既読スルーや未読スルーが増えてくるでしょう。これは、迷惑であることをアピールしている証拠。面等向かって「迷惑だからやめてほしい」とはなかなか言えません。あえて迷惑アピールをしてきていることに早く気付きましょう。

重い長文

短めの文のやり取りに向いているLINE。それなのに、突然スクロールしないと読み切れないような長文が送られてきたら不愉快です。「気持ちを伝えたい」「自分のことを分かってほしい」など、ついつい長文になってしまうのでしょうが、お相手は「気持が重い」「これからも長文が来るのでは」と警戒します。その結果、マイナスな印象を持たれ、片思いから脱出できなくなります。

一度で済むメッセージを複数のメッセージ分ける

たった数行で一度に済むメッセージなのに3つや4つに分かれていたら、未読件数がどんどん増えてしまい、お相手は迷惑に感じるでしょう。LINEはお相手がサラッと読めてパッと理解できる内容と長さであることが重要。内容はなるべく短くまとめ、送信回数も少なめにしましょう。これはLINEテクニックのひとつです。迷った時はまず「自分に送られたら不愉快かどうか」を基準にして考えてみましょう。

Page TOP

© EXEO JAPAN All Rights Reserved.